社会全体の価値観が大きく変化する中、あらゆる業種・業態でデジタル化が進展し、DX(デジタルトランスフォーメーション)への取り組みが加速しています。

このような環境のもと、私たちエフシースタンダードロジックスは、目指す新しい物流の姿、デジタルフォワーダーへ進化を果たすため、新たなデジタル時代に向けたサービススタイルの変革を進めていきます。

  • DXへの対応推進と既存サービスのオンライン化
  • 社会課題解決に貢献する、クラウドサービスの拡充
  • お客様に貢献と企業価値への創出、デジタル時代の人材を社内育成すること
  • 各種業務管理システムの開発、運用
  • D2Dサービスの展開、システムの開発、運用
  • サイバーセキュリティ体制の構築、人材の確報
  • DX研修のご提供
  • DXセミナー講演
  • DX研修Q&Aのご提供
社内外のDX推進を進めるため、当社ではサービスオンライン化、DX人材育成を「DXプロジェクト」として捉え、オンラインサービス利用ユーザー数、DX人材育成プロジェクトの導入実績数を達成度のKPIとして推進を進めます。今後増加傾向のDXプロジェクト対応のため、DX推進部よりデジタル人材育成を共に、DX推進の取り組みを進めます。

DX推進部はDX推進をリードする体制をとり、業務の効率化や生産性の向上、コスト削減、デジタル人材育成などにIT技術を活用して会社の競争力に維持し、DXを推進しながらグループ全体ともにデジタルフォワーダーへの取り組む部門です。
既存システムの維持と保守、新たなシステムやツールを選定・機能の実装・システムの切り替えといった技術的な作業だけでなく、ツールを実際に使う一般社員への周知と教育、ITに知見がある人物や業務改革の推進力がある人物を選び、専属チームを構築し、各部門でデータや技術を活用できる人材を育てなどのデジタルフォワーダー、IT情報処理技術事業開発を行っています。

エフシースタンダードロジックス株式会社
DX推進部